東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

インタビュー|東ティモールのモリンガ市場に挑む青年海外協力隊員・東盛さん

この記事は約15分で読めます。

!!

?!(笑)

しょっぱなから怪しさ100%ですが…

一体どちらさまでしょうか?!

モリおじ
モリおじ

ボンディ〜ア!(キリッ)

※Bondia = おはよう

Misato
Misato

ボンディ〜ア!

(メガネとマスクを取った…!)

モリおじ
モリおじ

どうも〜モリおじです。

途上国で生活していると、どうしても偏りがちな栄養素

日本でも、ビタミン不足による肌荒れ鉄分不足による倦怠感に悩んでいる方は少なくないでしょう。

そんな中、今注目されているのが、奇跡の植物「モリンガ」です。

今回は、東ティモールで「モリンガ」のマーケティングや経営管理をされている東盛ひがしもりさん、こと「モリおじ」をゲストにお話を伺いました。

1. 東ティモールにやってきた目的と活動内容

Misato
Misato

東盛さんが東ティモールに来られたのは、いつですか?

モリおじ
モリおじ

2019年7月17日です!

Misato
Misato

お〜、最近でいらっしゃいますね。それまた何故ティモールへ?

モリおじ
モリおじ

独立行政法人国際協力機構(JICA)がやってる青年海外協力隊(JOCV)として、東ティモールで2年間のボランティア活動をするためです。

 

個人的にはこれで、海外76ヶ国目になります。

※青年海外協力隊の職種は多岐に渡り、東ティモール派遣の2019年1次隊だけでも、高校の体育教師、小学校の算数教師、栄養士、公衆衛生などが派遣されています。

モリおじ
モリおじ

私の職種は、マーケティングです。

▼配属先

ヒアム・ヘルス(HIAM-Health
・・・栄養不良撲滅を目指す東ティモールのNGO。HIAM = Hamutuk Ita Ajuda Malu(共に助け合おう)という意味を持つ。

▼活動内容

栄養価の高いモリンガや新鮮な有機野菜の販売促進など

https://www.facebook.com/hiamhealthより

https://www.facebook.com/hiamhealthより

Misato
Misato

マーケティングというと、業務内容はかなり幅広いのでしょうか?

モリおじ
モリおじ

はい、販路開拓・市場調査から、事業計画や予算策定、またスタッフの教育など、経営に関することなら何でもやるといった感じです。

 

中でも、モリンガのマーケティングには注力していますね。

https://www.facebook.com/hiamhealthより

2. 貧困問題の解決策になる?!モリンガの栄養価と栽培について

モリンガとは、次世代のスーパーフード注目されつつある可食植物(木)です。

北インド地方が原産のワサビノキ科にあたります。

アフリカや東南アジアの亜熱帯気候で多く栽培されており、日本では沖縄が主な産地です。

モリおじ
モリおじ

これですね!

Misato
Misato

はっ可愛い!

モリおじ
モリおじ

でしょ〜!緑の葉っぱ!丸くて可愛らしいんです!

東ティモールでは「マルンギ」と呼ばれて、割とよく知られてます。

1)モリンガの栄養素は90種類以上!

Misato
Misato

モリンガは、日本において「次世代のスーパーフード」なんて言われて注目が集まりつつあるようですね。

 

実際に、どんな特徴があるのでしょう?

モリおじ
モリおじ

消費者目線で挙げるなら、魅力は何と言っても、豊富な栄養素ですね。

 

90種類以上の必須栄養素が摂取できるので、「奇跡の植物」や「生命の樹」なんて言われています。

https://www.beautyworld.jpより

ビタミン、必須アミノ酸、BCAA、ギャバ、ポリフェノール等、美容と健康への有効成分が驚異的な数値で含まれているので、デトックスやアンチエイジング効果も大いに期待できます。

伝統医学のアーユルヴェーダでは、5,000年も前から生薬として使用されていた記録もあるそうです。

その栄養価の高さから、貧困問題の解決策となるんじゃないかとも言われています。

2)モリンガは成長スピードが速く可食部も多い

モリおじ
モリおじ

生産者目線での魅力は、成長が速いことですね。

 

モリンガは「木」なんですが、グングン伸びるので、なんと年に4回も収穫できることだってあるんですよ。

モリおじ
モリおじ

あとは可食部が多いことも特徴です。

 

葉っぱや花の部分はお茶、根っこは薬、そして種はオイルなどに加工できます。どの部位をとっても余すところなく利用できるので、無駄がないですね

Misato
Misato

なるほど〜!万能なモリンガ、東ティモールでは、さぞ大人気の食材なのでしょうね!

モリおじ
モリおじ

それが…。
こんなに魅力的なのに、栄養価が高いことは、まだ現地ではあまり知られてないんですよ。

Misato
Misato

えっ、そうなのですか!

宝の持ち腐れでは…(泣)

モリおじ
モリおじ

そうなんです…。

なので、その認知と正しい利用方法を広めようっていうのが、2年間で私に与えられたミッションの一つでもありますね。

3. 手軽でヘルシー!モリンガを使った簡単アレンジ集

Misato
Misato

今注目されているスーパーフード「モリンガ」ですが、家でも簡単に取り入れられるレシピはありますか?

モリおじ
モリおじ

そうですね、私の場合は、事務所に生えているので…

モリおじ
モリおじ

↑こう、ブチっとやって、家に持って帰って…

モリおじ
モリおじ

↑カップラーメンに乗せる。

これだけで、栄養価の高くて超ヘルシーなカップ麺になります(笑)

Misato
Misato

(笑)

モリおじ
モリおじ

…というのは半分冗談でして。

もちろん毎日これを食べてるわけじゃないですよ。

 

東ティモール人はよく、おかゆに添えたり、粉末状になったものをヨーグルトに混ぜたりすると美味しいと言っています。

Misato
Misato

おぉ、モリンガパウダーもあるのですね!

モリおじ
モリおじ

↑はい。こんな感じで、コーンフレークに溶かして食べています。インドネシアのビタミルク(豆乳)なら甘くて美味しい。

モリおじ
モリおじ

↑これは、裏の畑で収穫したモリンガでと、ミントを混ぜて「モリンガ茶」にしたものです。爽やかミントと、モリンガのコクある風味のハーモニーがなんともユニーク。

モリおじ
モリおじ

↑あとは、粉末を水に溶かして飲んだりね。

Misato
Misato

見た目は完全に青汁ですね。

モリおじ
モリおじ

↑モリンガ粉を生地に加えた、モリンガクッキーなんてのもありますよ。

 

日本では、飲みやすいサプリメントも売っていますので、ぜひトライしてみてください。

 

Misato
Misato

なるほど!なんだか色々試せそうです!

4. NGOヒアム・ヘルスの職場環境について

Misato
Misato

東盛さんが東ティモールに渡られてから、ちょうど1ヶ月が経ちましたが、職場環境にはもう慣れましたか?

モリおじ
モリおじ

そうですね。ヒアム・ヘルスは首都ディリの大通りから少し離れた場所にあるんです。事務所の裏に試験農場も隣接しているので、緑に囲まれていて快適ですよ。

 

私はここのゲストハウスに住んでいるのですが、非常に静かでピースフルです。

 

↓ちなみにコレは、庭のモリンガ畑です。

モリおじ
モリおじ

↓そしていつも、真横で洗濯物を干しています(笑)

Misato
Misato

生活感、丸出しですね(笑)

職場の同僚たちは、いかがですか?

 

モリおじ
モリおじ

現メンバーは、超パワフルな東ティモール人の創設者(女性)と、東ティモールのスタッフが20名程度です。男女同数くらいで、20~30代がメインですね。

 

そこに、オーストラリア人のボランティアが3名と、日本人の私が入っています。

Misato
Misato

やはり東ティモール人スタッフさんが多いのですね。

 

とすると、コミュニケーションはテトゥン語(東ティモールの公用語)で行なっているのですか?

モリおじ
モリおじ

いえ、事務所での会話は、基本的に英語です。オーストラリア人ボランティアの方々は、テトゥン語があまり話せないので。

Misato
Misato

あっ、そうなのですね!

モリおじ
モリおじ

そうなんですよ〜。折角、テトゥン語勉強したのに(笑)

 

でも私がテトゥン語を話せると分かってからは、東ティモール人スタッフは私には英語で話しかけなくなりました

Misato
Misato

素晴らしいですね!

※青年海外協力隊(JICA)では約2ヶ月に及ぶ言語研修が義務付けられています。派遣国での生活に必要な言語力を身につけることが目的とされ、東ティモールの学習対象言語は「テトゥン語」です。

▼テトゥン語を学んでみたい!という方は、以下の書籍をチェックしてみてください。
(2019年8月現在、おそらく日本語で発刊されている唯一のテトゥン語学習書です)

5. 東ティモールのモリンガ産業が越えるべき3つの課題

Misato
Misato

ヒアム・ヘルス(HIAM-Health)の目指すところは「栄養不良撲滅」とのことでした。

今のところ、モリンガの有用性は、いかがですか?

モリおじ
モリおじ

う〜ん、栄養不良撲滅に「質の向上」は不可欠なのですが、それ以前に、目下3つの課題があります。

1)安定した供給を保てていない

モリおじ
モリおじ

モリンガは当然、農作物なので、天候にアウトプットが左右されます。

 

そのため、複数の農家・農業グループと契約して、「A県では不作だったけど、B県では豊作だった」といった感じでリスクヘッジしていくことが重要なんです。

 

ただし、農作物としてモリンガを栽培しているところは現状十分とは言えません。

なので農村調査に繰り出して、農家さんとのパートナーシップを拡大していく必要があります。

2)収穫後の運送時間が長すぎる

モリおじ
モリおじ

モリンガは、地方で栽培してから、首都ディリの加工場へと輸送しています。

 

モリンガの生木は非常に栄養価が高いことから、刈り取って数時間で発酵が始まるので、まさに時間との勝負!

でも東ティモールは道路事情が悪い場所もあり、輸送に時間がかかりすぎてしまうんです。

 

そうすると、良い品質をキープすることが難しくなります。

Misato
Misato

刈り取って数時間で発酵!!お酒にはできないんですかね?(笑)

モリおじ
モリおじ

モリンガ酒試してみたいですねw

こちらの人らもお酒を自分で造ったりするので作り方聞いてみます!

モリおじ
モリおじ

これに関しては、本当に最近ですが、ヒアム・ヘルスで冷蔵庫付のトラックを購入しました。

これで発酵を抑えて冷たくフレッシュなまま、クール便での輸送が可能になったので、品質の改善は図れそうです!

Misato
Misato

大きな大きな一歩ですね!!

3)まだまだ知名度が低い

モリおじ
モリおじ

モリンガは、インドが原産なんですよね。私はインドに住んでたことがあるのですが、そうとは知らずよく食べてました。

今ではアジア、アフリカ、南米でその高い栄養価に注目されて作られていますが、まだまだ地名度が低いのが残念です。

Misato
Misato

確かに、日本でも最近やっと、テレビなんかで取り上げられるようになったほどですよね。しかも、フィリピン産のモリンガが多数占めているような(汗)

モリおじ
モリおじ

ね。将来的には、日本でも「スーパーフード」との認知が一般的になって、青汁やサプリの感覚で日常に取り入れられるようになったり、東ティモールはじめとする世界中のモリンガマーケットが成長するといいと思ってます。

 

あとは、オーストラリアへの輸出外貨獲得東ティモール人の生活向上も目指したいですね。

6. JICAの青年海外協力隊に応募しようと思った理由

Misato
Misato

そういえば東盛さんは、前職から、こうした食料品事業に関わっていらっしゃったのですか?

モリおじ
モリおじ

いえいえ、これまでのキャリアは工業製品ばかりなので…

Misato
Misato

あら、全く別ですね!

モリおじ
モリおじ

そう、相当なキャリアチェンジですね。

Misato
Misato

そうですね。業界未経験でいらっしゃるのに、青年海外協力隊(JOCV)に応募しようと思われたキッカケは、何だったのですか?

モリおじ
モリおじ

うわぁ!

これはね、話すと長くなるんですが…

東日本大震災(2013年)の直後に前職でインド駐在になり、現地から原発処理などで困ってる日本を見つつも、何もできない自分に歯痒い思いをする。

⬇︎⬇︎⬇︎

2014年に帰国後し、企業内の震災復興ボランティアに参加。人生初のボランティアで「意外と人の為に働くのって良いかも」と思う。

⬇︎⬇︎⬇︎

会社のボランティア休職制度を利用してモザンビークに協力隊で行く人の話を聞き、初めてJOCV制度の存在を知る。

⬇︎⬇︎⬇︎

でも、「協力隊って井戸とか掘るアレでしょ?今さらそんな事やれねー」と思って、調べたらマーケティングとか経営管理とかこれまでの会社でやってきた事も要請としてあることが分かった。

⬇︎⬇︎⬇︎

周りの経験者に話を聞き、「面接受けるだけでも面白いから!」との後押しもあり応募を考え始める。

⬇︎⬇︎⬇︎

新興国・途上国好きなので、どの国になっても構わず「ハズレなしのクジみたいなもんじゃん!」とテンションが上がる。
モリおじ
モリおじ

ってなところかな。

 

試験や面接の類で選ばれる(=能力を評価される)ことに熱意を注ぐタイプなんで、選考では本気を出しましたよ。

Misato
Misato

なるほど、では昔から「国際協力がしたい!」という夢があったわけではなかったのですね。

モリおじ
モリおじ

そうですね。やっぱり「自分に出来ることは何なのか」と、一度振り返ったのが大きかったかもしれないです。

 

あとは私自身、インド駐在時代に部下たちの指導にあたった経験もあり、彼らが成長していく姿を見るのが嬉しかったので、それをまた体感したかったってのがあるかな。

Misato
Misato

なるほど、そんな経緯がおありだったのですね。

モリおじ
モリおじ

うん。

 

でもホンネはさ、海外で働いて、世界がどんどんグローバル化・ダイバーシティ化していくことを肌で感じる中で、「日本人 × 男」が1番要らない人材になってきた気がしていて。

新興国市場の成長スピードは著しいし、日本語も英語も堪能な外国人だって、もう沢山いるわけじゃん。

 

そんな中で少しでも、他と差別化して自分のキャラを濃くする方法はないかと模索してたんです。

 

この2年間で、途上国派遣に自ら名乗り出るくらいの「途上国好き」と「成果」をアピールできれば、将来また新興国市場担当や駐在員として活躍できるのでは、と狙っての協力隊。キャリアなハクをつけたかった訳です。

Misato
Misato

将来を見据えた自己投資ですね。

ちなみに派遣前と今で、もうすでに変わったな〜と手応えを感じることは何かありますか?

モリおじ
モリおじ

まだ活動を始めてから1ヶ月ですが、副産物として、とりあえず第2外国語で仕事する自信がついたのは良かったかな。

 

これまで中国語、スペイン語、ロシア語、ヒンディー語と勉強してきましたが、どれも中途半端だったので。英語以外の外国語で、きちんとコミュニケーションを取りつつ仕事をしているのが、自分にとっての自信になっています。

Misato
Misato

いや〜行動力も実行力も素晴らしいですね…!

モリンガを東ティモール、いや、世界に広げる活動、応援しております!

東盛さん、ありがとうございました!

7. 青年海外協力隊モリンガ隊員の東盛さんを応援しよう!

今回は、青年海外協力隊(JOCV)2019年1次隊マーケティング職で活躍されている東盛さんに、活動内容や今後の展望を熱く語っていただきました。

世界を見渡した上で「自分に出来ることは何なのか」と考え抜くこと、そして実際に活動するにあたっての情熱や行動力の大切さを痛感させられました。

何を隠そう、「東ティモール」で「モリンガ」を「盛り上げる」活動をされている「東盛(ヒガシモリ)さん」です。

お名前からして天職ですよね(笑)

東ティモールにおける今後のモリンガ市場の成長を、心から応援しています!

▼モリおじの活動が気になる!という方はチェックしてみてください

モリおじブログ

モリおじTwitter

▼モリンガをもっと知りたい方は、以下の記事もオススメです

タピオカの次はこれがくる?!東ティモールでも収穫される次世代フード「モリンガ」の魅力
モリンガとは、次世代のスーパーフードとして注目されつつある可食植物です。「生命の樹」とも呼ばれ、栄養補給や貧困改善の糸口として期待されています。今回は、人気の秘密である豊富な栄養素や、モリンガを使ったレシピについてまとめました。
取材・編集・デザイン
Misato

2013〜2014年まで、国連ユースボランティアにて東ティモールUN WomenのCommunication Officeに従事。

東ティモールの人びとの優しさに触れ、すっかり恋に落ちてしまって以来、旅行で出入りしています。

自然豊かで愛いっぱいの東ティモールの魅力をお伝えしたい...!と考え、当サイトを立ち上げました。
少しでもお役に立てれば嬉しいです 🙂

コメント

タイトルとURLをコピーしました