東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

国際石油開発帝石株式会社のチモール海共同石油開発地域における石油等の探鉱事業の出資採択について

この記事は約1分で読めます。

※こちらの記事はPR TIMESに掲載されているものです。

JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、国際石油開発帝石株式会社(以下、「INPEX」)の子会社であるインペックス東チモール沖石油株式会社(以下、「インペックス東チモール沖石油」)の実施する探鉱事業について、出資対象として採択しました。 インペックス東チモール沖石油は、東チモール民主共和国とオーストラリア連邦により共同管理されているチモール海共同石油開発地域(Joint Petroleum Development Area:JPDA)の11-106鉱区に35.47%権益を保有しています。本鉱区のオペレーターはEni社(権益40.53%)で、残りの24%は東チモール民主共和国国営石油会社であるTIMOR GAP社の子会社が保有しています。

JOGMECはインペックス東チモール沖石油が負担する探鉱事業費の50%を上限に同社に対して出資を行う予定です。

本プロジェクト成功の際にはーーー


※ニュース原文はコチラからご覧いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました