東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

PWJ直営レテフォホ・スペシャルティ・コーヒー・ロースターで素敵な一杯を

この記事は約5分で読めます。

東ティモールと言えば、コーヒー産業が有名です。

最近は日本でも、東ティモール産のコーヒーを愛飲している人が増えてきている印象を受けます。

ちょっと酸味があって、クセになるんですよね。

私もコーヒー好きには、必ずオススメしています。

過去3年はシンガポールで働いていたのですが、オフィスのパントリーで、東ティモールコーヒーをちゃっかり普及していました(笑)

「苦すぎず・甘すぎず」のちょうど良い口当たりが、国籍問わず人気だったように思います。

さて、そんな東ティモールコーヒーですが、首都ディリには、心が満たされる一杯に出会えるカフェが沢山あります。

その一つが、レテフォホ・スペシャルティ・コーヒー・ロースター(Letefoho Specialty Coffee Roaster)です。

Letefoho Specialty Coffee Roasterとは?

Letefoho Specialty Coffee Roasterは、NGOピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)の直営コーヒーショップです。

ティモール島の北側の海に面した、海風の心地良い立地にあります。

カフェで提供されるコーヒーは、東ティモールのエルメラ県レテフォホ村の農園で収穫されたもの。

明るく落ち着いた店内で、世界も認める美味しいフェアトレードコーヒーを味わうことができます。

スペシャルティコーヒーとは

店舗の名前にもなっている「スペシャルティコーヒー」とは、高品質で特徴的な味わいを持つコーヒーに与えられる称号です。

https://www.binchoutan.comより

日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)は、「スペシャルティコーヒー」を以下のように定義しています。

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

認定には、取り組みとしての持続可能性(サステーナビリティ)と、生産者の顔が見えること(トレーサビリティ)が大切な要素だとか。

また収穫された豆は、7つの独自基準で、厳密に評価されます。

  1. カップ・クォリティのきれいさ
  2. 甘さ
  3. 酸味の特徴評価
  4. 口に含んだ質感
  5. 風味特性・風味のプロフィール
  6. 後味の印象度
  7. バランス

PWJの東ティモールコーヒー(レテフォホ産)は、この「スペシャリティコーヒー」に認定されていますが、日本では、なんと上位5%にしか満たないそうです!

日本で多くの人気を集めている東ティモールコーヒーが、いかに大切に育て上げられ、厳選されているか想像すると、一杯の重みが違ってくる気がしますね。

Letefoho Specialty Coffee Roasterのメニューと店内

さて、ここでは、気になるメニューの一部を見てみましょう!

▼コーヒー

・シングル エスプレッソ:$1.5

・ダブル エスプレッソ:$1.5

・エスプレッソ マキアート:$2.0

・ロングブラック:$3.0(R)/ $3.5(L)

・カプチーノ:$3.5(R)/ $4.0(L)

・カフェラテ:$3.5(R)/ $4.0(L)

・フラット ホワイト:$3.5(R)/ $4.0(L) 他

▼チョコレート系ドリンク

・アイス チョコレート:$4.0(R)/ $4.5(L)

・ホット チョコレート:$3.5(R)/ $4.0(L)

・抹茶チョコレート:$3.5(R)/ $4.0(L)

▼お茶

バジル/ ミント/ レモングラス/ ローゼル(ハイビスカス):各$2.5

▼ケーキ

・バニラケーキ:$2.0

・ローカル クッキー:$3.0

・パンプキンケーキ:$2.5

・ストロベリーケーキ:$2.5 他

▼その他

美しい山々に囲まれた「マウベシ県」産のベリーを使ったメニューもあります。

・ストロベリーフィズ(炭酸):$4.0(R)/ $4.5(L)

・アイス ストロベリー ラテ:$4.0(R)/ $4.5(L)

・ストロベリー ラテ:$3.5(R)/ $4.0(L) 他

座席いっぱいの店内

コーヒーの香りに包まれるなら、1階のカウンター席もしくはテーブルがオススメです。

コンセントがあるので、作業をするにもぴったりでしょう。

心地良い海風にあたるなら、2階テラス席がオススメです。

入り口横の階段から、2階に上がることができます。

解放的な空間で味わう東ティモールコーヒーは、きっと格別なはず。

こちらにもコンセントやお手洗いがあるので、友だちとの団欒や一人での作業没頭まで、長時間滞在にうってつけです。

Letefoho Specialty Coffee Roasterへの行き方

Letefoho Specialty Coffee Roasterは、東ティモールの首都ディリの北側、海風の心地良いビーチ沿いにあります。

美味しいコーヒーをぜひ、お楽しみください♪

★コンセントあり

★Wi-fiなし

★テラス席(ビーチ沿い)

▼以下の記事では、東ティモールコーヒーの歴史や栽培方法について、詳しくご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

404 NOT FOUND | 東ティモールの情報サイト|LOROSAE.NET
東ティモールの観光お役立ち・情報発信サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました