東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

東ティモール土産におすすめ!伝統織り物「タイス」で作られたオシャレな小物たち

この記事は約3分で読めます。

海外旅行のとき、楽しいけれど迷ってしまうのが「お土産選び」ですよね。

東ティモールといえば、コーヒーバナナチップスココナッツオイルなどが有名です。食べ物以外だと、ワニの置物伝統織り物タイスもよく見かけます。でもぶっちゃけ、布切れをもらっても、使い道に困ってしまうことってありませんか?笑

手元に残る & 使える & 持ち運びに負担のない東ティモール土産って、よくよく考えると難しかったりしますよね。

そこで今回は、東ティモール土産にオススメの工芸品ショップ”Alola Foundation をご紹介します!

大切な人へのお誕生日プレゼントや、任期終了時(本帰国)の際のギフトにピッタリですよ!

Alola Foundationのお土産って何が買えるの?

「タイスの工芸品なんだから、タイスマーケットで買えばよくない?」

東ティモールを良く知る方は、そう思われるかもしれません。

確かに、タイスマーケットでも同じ作品がなきにしもあらずなのですが、あくまでも個人的には、Alola Foundationショップの品揃えの方が確実に多い&作りが丈夫という印象を持っています。

その気になる品揃えはこんな感じ↓↓↓

数多くの品揃え!

上の写真を見てもわかりますが、本当にたくさんの作品があるんです!

どれもこれも、自分が欲しくなってしまいます。笑

  • 化粧ポーチ(小・中・大)
  • 巾着袋
  • パソコンケース
  • 肩下げ袋
  • 手さげバック
  • 収納ボックス(四角・丸型 etc.)
  • パスポートケース
  • ブックカバー
  • ケータイケース
  • ピアス
  • リング
  • ブレスレット

などなど!バックのデザインも豊富です。タイスの柄や色合いも一つひとつ異なるので、自分だけのお気に入りを見つけるのもオススメ♪

ローカルマーケットと比較すると少し値は張りますが、とても丁寧に作られています。

Alola Foundationについて

Alola Foundation(アローラ・ファウンデーション)は、東ティモールで女性支援を行なっているNGOです。

東ティモールでは1999年、インドネシアからの独立回復の是非を問う住民投票が行われ、約80%の住民が「独立」を支持したと言われています。そうした激動の最中、Alola Foundationは「女性・女児への性暴力の撤廃」を掲げて、前大統領夫人Kirsty Sword Gusmaoによって立ち上げられました。

現在は東ティモール政府や国連UN Womenとパートナシップを組み、女性のエンパワメントという分野において、欠かせない存在となっています。

伝統織り物であるタイスの工芸品は、そんなAlola Foundationの事業の一つです。

Alola Foundationのショップには、東ティモール人女性たちによって作られた色とりどりの作品が、ズラリと並んでいます。

ショップ内の様子

Alola Foundationのショップを訪ねてみよう

Alola Foundationの住所は、コチラです。

Rua Bispo de Medeiros, Mascarenhas, Mercado Lama, Dili, Timor-Leste

タクシーで行く場合には、住所よりも「Alola Foundation」と団体名を伝えてあげると、迷わず連れていってくれると思います。(東ティモールには住所が定着しておらず、建物名や「〇〇の横」といった位置関係などで説明されることが多いです…。)

ディリ市内のショッピングセンター”Timor Plaza”の一角(地下の食堂横あたり)にも、たまに出店していたりしますが、Alola Foundationショップの方が品揃えは良いかも?

唯一無二のお気に入りデザイン。ぜひ、ステキな東ティモール土産を見つけてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました