東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

東ティモールの玄関口|プレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港での入国方法と注意点

この記事は約6分で読めます。

東ティモール渡航で必ずしなければならないのが、入国手続きです。

慣れてしまえば難しいことはありませんが、初めて訪れる国では、不安になることもありますよね。

また入国までのステップを事前に知っておけば、思わぬ無駄も減らせるかもしれません。

そこで今回は、東ティモールの玄関口「プレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港」での入国方法と注意点について、ご紹介します。

プレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港とは

「プレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港」は、旧名「コモロ国際空港」と呼ばれています。

1975年の東ティモール独立宣言時の首相ニコラウ・ロバート(フレティリンの最高指導者、1978年末にインドネシア国軍によって射殺)の名を冠し、独立後に現在の名称に改称されました。

降機前にしておくと良いこと

そんなプレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港に到着すると、テトゥン語(東ティモールの公用語)と英語で、到着時刻や天候がアナウンスされます。

いよいよ、東ティモール上陸ですね!

旅客機内で、上記写真の「入国時の携帯品・別送品申告書(Custom Declaration Form)」が配布されますので、降機前に記入しておきましょう。

そうすると、後々手間取らず、スムーズに進めます。

▼以下の記事では、東ティモールへの行き方をご紹介しています。そもそも東ティモールにどうやって行くの?という方は、ぜひ合わせてご覧ください。

東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説【2019年最新版】
本記事では、東ティモールへの行き方(空路・陸路)の【2019年最新版】を詳しくお伝えします。日本から東ティモールの経由地、各エアラインのスケジュールや荷物制限、そして入国に必要なビザの種類と費用をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

ニコラウ・ロバート国際空港での入国手続き

飛行機の着席サインが消えたら、いよいよ降機です。

長旅お疲れ様でした!

東ティモールは聞きなれない国名ですが、一般的な入国の流れ(飛行機到着 ⇒ 入国審査 ⇒ 荷物の受取 ⇒ 税関 ⇒ 入国)は、他の国と変わりませんのでご安心を。

ここからは、入国するまでのステップを1つずつ見ていきましょう。

1. 降機したら徒歩で空港館内へ

便数の少ないプレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港には、ターミナルビルがありません。

そのため旅客機を降りたら、ボーディング・ブリッジではなく、地上を歩いて空港の館内へ向かいましょう。

“Presidente Nicolau Lobato”(プレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港)の文字が書かれた看板がお出迎えしてくれます。

2. ブーゲンビリアの美しい廊下を進む

そのまま、廊下をまっすぐ進みましょう。

ブーゲンビリアなどの草木が生い茂り、南国の雰囲気がいっぱいに広がっています。

大きく深呼吸してみれば、東ティモールの自然の恵みを感じられるはずです。

3. ビザの購入

東ティモールに滞在するには、目的別に以下の通り、入国ビザが必要です。

  • 観光 or ビジネス:30ドル
  • トランジット:20ドル
  • 学生ビザ:40ドル
  • 就労ビザ:50ドル

廊下の突き当たりにあるカウンターで、必要なビザの種類を伝えましょう。

パスポートを見せれば、簡単に手に入れることができます。

空港には両替所がありません。カード支払いもできませんので、東ティモールに飛ぶ前に必ず米ドルを準備しておきましょう!

4. 入国審査場へ

ビザを入手したら、右手にある入国審査カウンター(Immigration Control)に進みましょう。

一番右側が「外国人レーン」となっていますが、そもそも人数がそこまで多くないので、どこに並んでも良いと言われました。

ここで必要になるのが、入国カードです。

カウンター裏あるデスクで、手に入れることができます。

デスクに書くもの(鉛筆やボールペンなど)はありませんでした。いざという時に困らぬよう、ご自身で1本は持ち歩くことをオススメします。

カウンターでは、「何日滞在するの?」とだけ質問されました。

「〇〇 days(〇〇日です)」と返答すると、パスポートに貼られたビザの空白部分に、その日数を記載してくれます。

30日以内であれば法的に問題ありませんので、正直な滞在日数を伝えましょう

5. 預入荷物の受け取り

入国審査カウンターをすぎると、預け入れた荷物の受け取りです。

私の荷物は、ビザ購入やイミグレ手続きをしている間にベルトから降ろされ、部屋の隅に追いやられていました。

こちらのベルトは小回りが効いて遠心力が強いので、よくダンボールやバックパックが落下することが笑いのネタになっています(笑)

隅っこの免税店では、ウイスキーとワインが売られていました。

6. 税関へ

自分の荷物を受け取ったら、次は関税です。

荷物受け取り場のすぐ裏から、列に並びましょう。

ここでは、荷物の預け入れをする際に貼られるバーコードの印字されたタグと、パスポートに貼られる予備用のシールを照らし合わせて、間違えて他の人の荷物を取っていないかチェックされました。

無事に空港を出られるまでは、スタッフに貼られたシールなどを、自分ではがさない方が良いかもしれませんね。

荷物のスキャンを終えると、さらなる荷物チェックカウンターに通されます。

スーツケースでの入国には、必ず審査が必要だそうです。

スーツケースを開けるように言われ、調査開始。

担当してくれた女性警官に「中国人?日本人?」と聞かれたので「日本人です」と返すと、「あ〜じゃあ、いいわよ行って」という感じで速攻終了して、拍子抜け。

後々、東ティモール滞在の日本人の方にお話を伺ったのですが、どうやら多くの中国人ドラッグバイヤーが観光ビザで流れ込んでいるらしく、政府はその検挙を強化しているのではないか、とのことでした。

空港を出たらディリ市内へ

空港から市内へは、タクシーもしくはミクロレットで行くことができます。

▼タクシーで行く場合

空港を出た所に、赤い服をきたお兄さんたちがいますので、行き先を伝え、価格交渉して乗りましょう。

東ティモールには明確な住所がありませんので、滞在先の名前か、通りの名前を言えばOKです。

ディリ市内までの運賃の相場は、おおよそ10ドルです。

▼ミクロレットで行く場合

スーツケースなど大型の荷物がない場合は、市民の足であるミクロレットを利用するのも良いでしょう。

空港から市内は、「10番」のミクロレットが往復しています。

時刻表はありませんが、ミクロレットは頻繁に来ますので心配無用です。車体が近づいて来たら、手を挙げれば止まってくれます。

運賃は一律25センダボ(東ティモールの独自通貨で、25セントと同義)です。

▼プレジデンテ・ニコラウ・ロバト空港の出発/ 到着エリア

空港で「ルーター」や「SIMカード」は買えない

空港横には、東ティモール人の多くが使う通信キャリア「Timor Telekom」と「Telekomcel」のカウンターがあります。

ここでSIMカードでも買おうかな、と思いきや、なんと店はもぬけの殻!

側で団欒していた女の子たちに、いつショップが開くのか尋ねてみたところ、「この店にはもうずっと人が立ったことないわよ」とのこと。

空港でネット環境を整えるのは諦めて、潔く町に出てしまった方が良いかもしれませんね。

東ティモールのネット事情については、以下の記事を参考にしてください!

東ティモールにWi-Fiはない?現地のネット事情とおすすめのSIMカード3選
東ティモールには、残念ながら安定したWi-Fiがありません。本記事では、現地でネットを使うために必須のSIMカード3選や、おすすめのルーターをご紹介します。旅をしながら働くノマドワーカーやネットフリーランスの方は必見です。

まとめ

以上、東ティモールのプレジデンテ・ニコラウ・ロバート国際空港での入国方法と注意点でした。

入国の仕方はわかったけど、また準備が済んでいない!という方は、持ち物チェックのために、以下の記事も参考にしてくださいね。

【保存版】絶対後悔しない!「必須」から「あると便利」まで|東ティモール旅行の持ち物チェックリスト
東ティモールって、何があるの? 一体、何を持っていけばいいの? 初めての東ティモール渡航は、誰でも一度は悩むことでしょう。 特に日本のように勝手がわかって...

なお同空港は、日本政府が約4.9億円の拡張支援を表明しています。今後どのように生まれ変わるのか、楽しみです♪

日本政府、東ティモール唯一の国際空港の拡張に約4.9億円の支援を表明
2019年4月、在東ティモール日本大使館は、東ティモール唯一の国際空港であるプレジデンテ・ニコラウ・ロバト国際空港(Aeroporto Internaciona...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました