東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

東ティモールで地方を旅行する人には是非知って欲しいアニミズムの話

この記事は約2分で読めます。

東ティモールでは90%以上の人がカトリック教徒です。

しかし、カトリック教徒でありながら、ティモール島土着のアニミズムも信仰している人がとても多いです。

このアニミズムは、東ティモールを知る上で、とても重要な要素になります。

 

 

ティモール島土着のアニミズムは、東ティモールの公用語のテトゥン語で「Lulik」と言います。

 

Lulikという言葉の意味は、神聖/聖なる〜/禁忌/トーテム。

 

東ティモールには、Uma lulik(聖なる家)やRai lulik(聖なる土地)、

Ai lulik(聖なる木)等、Lulikにまつわる様々な物が存在します。

これらは神聖な為、むやみに触れてはいけないので、禁忌とも言えます。

 

また、其々の集団に固有のトーテムとしてのLulikが存在します。

トーテムとは、伝統的に彼らと深い関係を持つ動物や植物等のことです。

 

例えば、魚をトーテムに持つ人は、魚を食べてはいけない、

白檀をトーテムに持つ人は、その欠片さえ家に入れることは出来ない、

といった決まりがあり、ほとんどのティモール人はLulikを畏れています。

 

東ティモールの地方を訪れた際、現地の方に「ここはLulikだから入らないで」

または「これはLulikだから写真を撮らないで」と言われることがあります。

その際はきちんと指示通りにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました