東ティモールへの行き方|フライトやビザについて徹底解説!

東ティモール人のオジさんが、散髪した後によく言うセリフ!

この記事は約2分で読めます。

今回は、東ティモール人のおじさんが、散髪した後によく言う台詞をご紹介しようと思います。

東ティモールの歴史とも関係があるお話です。

 

 

先日、義父に会った時、こんな会話がありました。
(テトゥン語付き)

 

私「お義父さん、髪切った?」
(Apá, tesi fuuk ka?)

義父「ああ、もう銃は引き渡した!!(笑)」
(Sim, hau entrega kilat tiha ona!)

私「そっか、もう戦争終わったもんね!(笑)」
(Loos duni, funu hotu tiha ona ne’e!)

 

私の義父だけでなく、東ティモールのおじさんが
「髪切ったんだね」と言われると、こういう受け答えをよくしています。

 

「何で髪の話で銃や戦争が出てくるの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、
東ティモールの歴史を知る方は、ピンと来るかもしれません。

 

東ティモールが2002年にインドネシアから独立回復を果たすまで、独立派兵士はゲリラとして山に潜んでいました。

もちろん見た目を気にする余裕はなく、彼らの髪はボーボー。

やがて独立を勝ち取り、元兵士たちは国際連合東ティモール暫定行政機構の指示に従って武装解除をしていきました。

 

このことになぞらえて、(元兵士でなくても)髪を切った際に「もう銃は引き渡した」と話しているのです

他にも、「年金もらってるからな!」というのも聞いたことがあるので、他にもバリエーションがあるかも?
(元兵士は国から年金を貰える)

 

これは余談ですが、私の夫は長髪なので、時々「もう戦争終わったぞ!」と、からかわれています。(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました